ライトノベル

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者16

投稿日:


タイトル:アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者16
著者:榊一郎
出版社:講談社

あらすじ

竜の巣の中が暴走して大変だー。
解決するぞ!
 か○はめ波〜
 ジョジ○立ち
といった巻でした。
わけがわからないかもしれませんが、感じてくれると嬉しいです。
今回は、あまりネタバレをしちゃいけないような巻のような気がしました。

感想

気に入ったシーン

 榊先生楽しんで書いたんだろうな。と伝わる巻でした。
 シンイチの妄想中でおきたドラクエのパロとか、シンイチやみのりさんが有名漫画の技を真似して相手を倒したりと、やりたい放題でした。
 さすがにテニスの王子様はまずいと思ったのか、サッカーの王子様になっていました(笑) 

 そんなふざけたシンイチ達の裏で結構ヘビーなことがおきてました。
 地震での建物が崩壊して、埋まっていたヒカルが救出されました。
 エルダント帝国は今まで地震がなかったためか、被害が大きかったようです。

 また、装置の影響で日本とエルダント帝国の通路の幅が広がってしまった結果を的場さんが伝えるシーンは、そうなるだろうなと思いつつも良かったです。

 ただこの間は、ペトラルカの出番が少なかったのが少々残念でした。

気に入った流れ

 話の流れがスムーズですよね。
 さすがベテラン。
 シンイチ達を使って15巻、16巻の話を進めつつ、ペトラルカや的場さんを使ってシリーズ全体の話を進める手法はすごいと思う。
 また、最後にどちらを選ぶかという究極の選択を突きつけ、続巻でどう解消するか(ひょっとしたら18巻?)という上手な引きを作るところがずるいです。

続刊を買うか?

ここまで読んでしまったら、結末が気になってきっと買うことになるでしょう。

-ライトノベル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

slooproimg_20161201164744

この素晴らしい世界に祝福を10巻

  タイトル:この素晴らしい世界に祝福を10巻 著者:暁 なつめ 出版社:角川スニーカー文庫 あらすじ アイリスのアイリスによるアイリスのための物語。 アイリスがいれば、魔王も倒せるのでは? …

白き姫騎士と黒の戦略家

白き姫騎士と黒の戦略家

タイトル:白き姫騎士と黒の戦略家 著者:高橋右手 出版社:講談社 あらすじ 主人公のジークは、勝てば良いという考え方で、卑怯な手を使うので、騎士団で問題児扱いされている。 ある日、王子であるレオンハル …

61nodvpff3l-_sl250_

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女II」

タイトル:本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部「領主の養女II」 著者:香月美夜 出版社:TOブックス あらすじ 収穫祭の打ち合わせから、私の冬支度まで、 今回は本作りの …