ビジネス書

世界のエリートがやっている 最高の休息法

投稿日:


タイトル:世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
著者:久賀谷 亮
出版社:ダイヤモンド社

評価

一読の価値あり。
ただし、ハウツー本なので、やり方のところ以外は再読はしないかも。

本の構成

「はじめに」 と、「まずはこれだけ!」という賞で、本の内容のサマライズが書かれている。
その後、その内容を説明した物語が始まる。
物語を読むことで、エピソード記憶となり、記憶に残りやすくなっている。

DMNが問題

脳の疲れは、DMN(Default Mode Network)が原因の一つらしい。
脳の消費エネルギーの60%から80%を占めているらしい。
この活動を抑えるのが、鍵のようです。

ではどうする?

今に集中することです。
禅の考え方に似ていますね。
具体的には、呼吸や食べることに集中するなど、今やっていることに集中することです。
本には状況に合わせて7種類のエクササイズが載っています。

1。マインドフルネス呼吸法
椅子に座って、目を閉じ、体の感覚に意識を向け、呼吸に注意する。
2。ムーブメント瞑想
日常の動きに意識を向ける。
箒で掃除をしていて、悟った話を思い出した。
3。ブリージング・スペース
ストレスの影響に気づき、呼吸に意識を集中し、体全体に意識を広げる。
4。モンキーマインド解消法
捨てる。例外を考え、賢者の目線で考え、良し悪しで判断するのをやめ、由来を探る。
5。RAIN
Recognize,Accept,Investigate,Non-Identification
怒りっぽいので、このテクニックは身に付けたい。
6。優しさのメッタ
マインドフルになり、その人を思い浮かべ、相手のことを思いやるフレーズを唱える。
7。ボディスキャン
寝て呼吸に注意を向け、左足のつま先に注意を向け、体をスキャン

今後の行動

習慣化することが重要らしいです。
同じ場所、同じ時間でやることが必要です。

例えば、マインドフルネス呼吸法を寝る前のストレッチ後に入れてみる。
3週間続けて見て、違いを感じられるようならやってみよう。

タイトルが違って入れば、もう少し人に進めやすいのだが。。。

-ビジネス書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

slooproimg_20161201154127

アクションリーディング 1日30分でも自分を行動読書

タイトル:アクションリーディング 1日30分でも自分を”行動読書” 著者:赤羽 雄二 出版社:SBクリエイティブ 評価 再読の価値あり 目的意識を持って読書 5年後に何をしていたいかなど、目的意識を持 …

51scuhguxsl-_sl250_

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

タイトル:1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術 著者:DUKE。 出版社:東洋経済新報社 評価 期待以上の本だった。 テクニカルでスクリーニング Kabutanで高値更新の銘柄を探す。 その …

51L5xI1uJLL._SL250_.jpg

オニールの相場師養成講座

タイトル:オニールの相場師養成講座 著者:ウィリアム・J. オニール 出版社:パンローリン株式会社 評価 たまに読み返しても良いかも 値段と出来高  自分の推測よりも市場が正しい。  その意識づけが重 …

no image

コミックと1分メモ

アクションリーディングの思いがけない影響 コミックやラノベを読んだ後に1分間メモを使い始めて気づきがありました。 昔 面白い漫画や、ラノベを読むと、ついつい誰かと話したくなってしまいます。 近くに読ん …

500932c40af10a90fb7b10d941928c53.jpg

ビジネスで使う機械学習

タイトル:ビジネスで使う機械学習 著者:谷田部卓 出版社:谷田部卓 評価 コンパクトにまとまっていて良い。 内容 機械学習と言われているのは、統計処理が元になっている。 出来る事としては、回帰分析や、 …