漫画

アオアシ2巻

投稿日:2016年12月5日 更新日:

アオアシ2巻

タイトル: アオアシ2巻
著者:小林有吾
出版社:小学館

あらすじ

ユースセレクションの続き、エスペリオンのユースと試合をすることになる。最初のうちは調子の悪いユースだが、徐々に調子を上げていく。
また、ユースの阿久津が葦人を嫌い、妨害をし始める。
残り時間10分になった時に、福田監督が、ユースはポジションを変えて出場していることをテスト生に知らせると、多くのテスト生の心がおれる。
しかし、葦人たちは最後まであがき橘、大友との連携で得点をする。

感想

気に入ったシーン

アオアシ2巻のダイレクトパス
ユースのダイレクトパスの流れは鳥肌が立ちました。
バルサみたいなことはなかなか見ることはできないけど、ダイレクトパスの崩しは漫画サッカーのロマンの一つですよね。

アオアシ2巻の絶望
福田監督にユースが普段のポジションと異なると言われ、みんなが心を折られる中、気を吐くところがかっこよかったです。

アオアシ2巻のゴール
葦人、橘、大友、葦人というゴールまでの流れはさすが少年漫画と言える熱い流れです。
絵に迫力がありますよね。

気に入った流れ

一度、ユース側に隙を作り、なんとかなるのではないかという期待を持たせ、それから絶望させる流れがうまいです。
また、テスト生をバカにしてポジションチェンジをしたのではなく、ユース生にとっても意味のある行動として、理由がわかればある程度納得できます。
望さんの件といい、後から事情がわかってから読むと、あれが伏線だったのかと驚くことも多いです。

続刊を買うか?
買ってるし、再読するぐらいなのでおすすめです。

-漫画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ONE PIECE 83

タイトル:ONE PIECE 83 著者:尾田栄一郎 出版社:集英社 あらすじ ための巻 プリンと別れ、隠れ道を通ってホールケーキアイランドに行こうとする。 途中、ジンベイがビッグマムから離脱する話や …

BE BLUES!~青になれ~ 25

タイトル:BE BLUES!~青になれ~ 25 著者:田中 モトユキ 出版社:小学館 あらすじ 大浦南戦の話、簡単に言えば、真の主人公が登場する26巻のための長いプロローグでした。 感想 気に入ったシ …

no image

コミックと1分メモ

アクションリーディングの思いがけない影響 コミックやラノベを読んだ後に1分間メモを使い始めて気づきがありました。 昔 面白い漫画や、ラノベを読むと、ついつい誰かと話したくなってしまいます。 近くに読ん …

ワールドトリガー17

タイトル:ワールドトリガー17 著者:葦原 大介 出版社:集英社 あらすじ 三雲修(14)から玉狛第2(16)まで 修のワイヤー地獄がうまくハマり、香取隊と柿崎隊を撃破。 途中で、葉子ちゃんと華ちゃん …

アオアシ7巻

タイトル:アオアシ7巻 著者:小林有吾 出版社:小学館 あらすじ 葦人が福田監督にFWからDFになれと言われる。 落ち込み寮に帰らない。 花がバス停にいる葦人を見つけ、食堂に連れていき葦人の母に電話す …